中央区銀座の公立小学校がアルマーニの標準服を採用したとして非難の声が多数あがっており、炎上騒ぎとなっています。その一方、寒波に襲われている福井県では、豪雪で足止めされているドライバーに無料で食事や食料を提供した企業に対して、賛辞の声が上がっています。どちらも善意から始めたことなのですが、一方は叩かれ、一方は賞賛されています。今回は応援される企業と、応援されない企業とのブランディングの違いを考えてみたいと思います。

若い世代のソーシャルメディアといえば「Instagram」ですね。Twitterと違って文字を書く必要がないことが、ウケているようです。今回は「インスタ映え」する商品を手早く作る方法を考えたいと思います。

Free
芸人の西野亮廣さんは、クラウドファンディングで1億円を調達し、「えんとつ町のプペル」という絵本を出版されました。しかも、その絵本はインターネットで無料公開されています。無料で公開すれば誰も絵本を買わなくなると思うところですが、なんと30万部オーバーの大ヒットです。今回はこの「無料」を取り上げたいと思います。

ストーリーが大切な理由とは?
商品やサービスが持っている本当の価値を伝えなければ、他社との差別化が出来ないため、最終的には価格競争に陥ります。 価格競争に陥った場合は、より効率的に量産できる会社が有利であり、資本力の勝負となります。この価格競争を回避するには、「同じものではない」と言うことを消費者に伝える必要があるのです。では、どのように伝えれば良いのか考えてみましょう。

SNSに投稿しても手応えが感じられない。Web広告を出しても効果が出ているとは思えない。そう感じている方が増えています。はい、正解です。あなたの投稿はことごとくスルーされていますので、全く効果はありません。今回はこの効果が出ない理由とその対策について考えてみたいと思います。

小資本で独立ができるコンサルタント業に注目が集まっています。今回は独立コンサルが陥りやすいワナとして、「顧客の課題を聞いてしまう」ことについて検討します。

隠れ家的なお店・・・自分のお店を持ちたい人にとっては、とても魅力手にな響きだと思います。このようなお店をオープンして成功させるための条件を検討します。

限界集落、シャッター商店街、高齢化の問題と同じ文脈で語られることが多いのですが、高齢化が起因して発生している訳ではありません。それぞれの原因を探ります。

「小商い」があなたの働き方を変える
商店街の活性化などで、ブランディングが取り上げられる際に、「小商い」と言う言葉が多く登場して来るようになりました。 平川克美さんが著書の『小商いのすすめ -...

つい買ってしまう原因はココにあった!
あのお店に行くと、いつも何かしらの商品を買ってしまう。波長が合うと言うか、センスが合うと言うか、気が付いたら商品をレジに持って行ってしまっている。あなたもそんな品揃えの良いお店を、ひとつやふたつは知っているのではないでしょうか。 今回はそう言う品揃えの良いお店は、他のお店とどのような差があるのか考えてみましょう。

さらに表示する