生き残る学習塾はココが違う クチコミ客を増やすブランド戦略 アルファブランディング
会社からの帰り道、明るい看板がいくつか目に付きます。たいていはコンビニか学習塾です。少子化対策が国の重要課題として取り上げられている中、今回は学習塾の生き残り戦略について、考えたいと思います。

日本酒をブランディングするポイント クチコミ客を増やすブランド戦略 アルファブランディング
世界的に日本食の評価が高まっているためか、日本酒の海外輸出は好調のようです。ただ国内の需要は、あまり奮っていないようです。せっかくお米の国に生まれたのですから、今回は日本酒のプロモーションについて考えてみたいと思います。

女子高生とのコラボで地域活性化 クチコミ客を増やすブランド戦略 アルファブランディング
最近、企業が女子高生とのコラボレーションして、新たなブランドを立ち上げるケースが増えてきています。企業の場合、どうしても「売る側の目線」でモノを見てしまいがちですが、女子高生は「買う側の目線」でしかモノを見ないため、企業側からすると新たな気づきを多く得られるのです。今回は女子高生とのコラボレーションで、新たな視点を獲得したいと思います。

B2Bこそ顧客情報を活用しろ! クチコミ客を増やすブランド戦略 アルファブランディング
消費者に直接販売するビジネスモデルをB2C(Business to Customer)、消費者ではなく企業に販売するビジネスモデルをB2B(Business to Business)と言うことはご存知の通りです。B2Bは消費者の情報が取れないため、顧客情報の活用に消極的でしたが、ここ数年で状況が変わってきました。今回はビール業界での取り組みをベースに、B2Bでの顧客情報の活用について考えてみたいと思います。

サプライズがクチコミを増幅 クチコミ客を増やすブランド戦略 アルファブランディング
先日、新しいソーシャルメディアにも触れておこうと思い、「Tik Tok(テックトック)」に愛犬の動画を載せたところ、思いのほか好評でした。ちょっと気を良くして、同じ動画をFacebookにも載せてみたのですが、愛想で少し「いいね」がついただけでした・・・乗せるんじゃなかった。ソーシャルメディアはそれぞれ特徴があることを再認識したところで、その活用方法について、改めて考えてみたいと思います。

飲食店の売上はバイトで決まる クチコミ客を増やすブランド戦略 アルファブランディング
飲食店を経営する上での悩みは、次の2つに集約されると言って良いでしょう。1つ目はお客様の集客です。これはどの経営者も、毎日のように知恵を絞っていると思います。2つ目は労働力の確保です。アルバイトをどうやって集めてくるのか。どうすれば辞めないで働いてもらえるのか。集客の問題が何とかなったかなぁ・・・と思ったら、この問題が発生します。今回は2つ目の問題である、労働力の確保について考えてみたいと思います。

行きつけの美容室を変える理由とは クチコミ客を増やすブランド戦略 アルファブランディング
「あれ、あのお客様、最近いらっしゃらないなぁ。」ある日、突然気づいてしまうのでしょうが、そのときには他のお店に移ってしまったと考えて間違いないでしょう。何らかの不満があったのでしょうが、普段の仕事に追われて、それを深く考えてみることをせずに、そのまま放置していませんか?今回は行きつけの美容室を変える理由について、考えてみたいと思います。

病院をブランディングする方法とは クチコミ客を増やすブランド戦略 アルファブランディング
先日、知人の医師から、「TクリニックのT医院長のように有名になって、ドバイでヘリコプターに乗りたい。オレをブランディングしてくれ!」と言われましたが、有名になってテレビCMを作るより、コツコツお金を貯めてヘリコプターをチャーターした方が早いとアドバイスしました。 T医院長のように有名にすることは難しいですが、地域で一番評判の良い病院にすることは、そんなに難しくはありません。今回は病院のブランディングについて、一緒に考えていきましょう。

応援される企業を目指せ! クチコミ客を増やすブランド戦略 アルファブランディング
中央区銀座の公立小学校がアルマーニの標準服を採用したとして非難の声が多数あがっており、炎上騒ぎとなっています。その一方、寒波に襲われている福井県では、豪雪で足止めされているドライバーに無料で食事や食料を提供した企業に対して、賛辞の声が上がっています。どちらも善意から始めたことなのですが、一方は叩かれ、一方は賞賛されています。今回は応援される企業と、応援されない企業とのブランディングの違いを考えてみたいと思います。

「インスタ映え」する商品の作り方 クチコミ客を増やすブランド戦略 アルファブランディング
若い世代のソーシャルメディアといえば「Instagram」ですね。Twitterと違って文字を書く必要がないことが、ウケているようです。今回は「インスタ映え」する商品を手早く作る方法を考えたいと思います。

さらに表示する