クチコミ客を増やすブランド戦略 ALPHA BRANDING Corp.

クチコミアルファ


クチコミで集客するには


業績が下がると新規開拓!?

業績が下がると新規開拓!?

みなさん、業績が下がると何をしますか?

 

チラシやクーポンを配ったり、新聞の折り込みや地域コミュニティー誌に広告を出したり。飲食店であれば、激辛商品やメガ盛り商品など、人目を引く商品を開発するとか・・・。しかし実際に効果があるかどうかは疑わしいものです。

 

チラシはゴミ箱に直行、クーポンがある時にしか来店しない、新聞の折り込み広告もゴミ箱へ、普通の人は激辛にチャレンジしないし、メガ盛りは食べきれないのでもったいない・・・。

 

手当たり次第にやっては見たものの、あまり効果がなかったというのが実情ではないでしょうか。


まずは既存客の心をつかめ

まずは既存客の心をつかめ

結論を先に申し上げますと、新規開拓をする暇があるなら、クチコミ客を増やす努力をする。既存のお客様の心をガッチリとつかまないと、穴の空いたバケツに水を貯めるようなもので、いつまで経っても収益が改善しません。

 

既存のお客様を手厚くサポートして、クチコミを増やして、集客を改善する、あまりにも手垢がついた言葉ですが「顧客満足度の向上」こそが、もっとも大切なことなのです。

 

グローバル企業では、顧客満足度を向上させるために、AIやビッグデータを積極的に活用して「購買行動分析」「顧客嗜好分析」「顧客接点分析」などを行い、結果を出してきています。

 

私どもアルファブランディングでは、これらの手法をベースに、中小企業だからこそ実践できる内容に再構成いたしました。 

 

このクチコミアルファは、ディスカッションを中心とした個別ワークショップ形式のコンサルティングサービスです。事前に内容をご確認いただくため、無料のオンラインセミナーをご用意いたしました。

 

 



クチコミ客を増やす6つのステップ

以前は会員制でしたが、現在はどなたでもオンラインで受講いただけます。


クチコミ客を増やす6つのステップ|無料オンラインセミナー
【クチコミマップ】①経営理念、②ペルソナ、③埋没課題、④価値の総和、⑤顧客接点、⑥CREDO

第1回: 経営理念

既存のお客様から別のお客様をご紹介いただくには、まずは商品やサービスのファンになっていただく必要があります。それには商品やサービスの機能を説明するだけでは不十分です。

 

なぜその事業を行うのか、それをお客様にシッカリと伝えて、それに賛同を得る形でクチコミを発生させ、集客を図るのです。

 

実際の「経営理念」は、経営者の方と弊社コンサルタントとのマンツーマン・セッションです。


第2回: ペルソナ

実際の個別ワークショップでは、これ以降のセッションは全社横断のタスクフォースで実施します。

 

誰に商品やサービスをお届けするのか。業績の悪い企業は、自分の顧客がどのような人たちなのか理解していません。

 

この回では、既存の顧客を分類して、どのターゲット層をクチコミで集客したいのかを検討します。

 

またそのターゲットの選定だけにとどまらず、具体的な人物像であるる「ペルソナ」を描くことで、社内の共通理解を促進します。


第3回: 埋没課題

顧客は何か課題があるために、貴社の商品やサービスを購入し、それを解決しようと試みます。この課題のことを「表層課題」と呼びます。

 

この表層課題を引き起こした根本的な原因である「埋没課題」を明らかにすることで、顧客に刺さる内容を提案し、クチコミでの集客を図ります。

 


第4回: 価値の総和

ブランドと呼ばれる商品と一般的な商品には、明らかに大きな価格差があります。このセッションでは、価格差を生み出す仕組みを明らかにします。

 

価格に対して価値が上回っていれば、それがクチコミとなり、集客を改善することができます。

 

商品が持つ小さな価値を積み上げることにより「価値の総和」の最大化を図り、価格競争に陥らない強いブランド作りを目指します。 


第5回: 顧客接点

いかに良い商品やサービスであったとしても、顧客への対応が悪ければ、高い評価を得ることはできません。

 

全ての「顧客接点」を洗い出し、その全ての接点において高いサービスレベルを保つ方法てを検討します。

 

顧客接点をコントロールすることで、顧客の満足度を高めることができれば、それがクチコミとなり新たな顧客の開拓に繋がります。

 

逆に言うと、顧客接点で一度でも不満を感じると、貴社の全否定につながりますので、とても重要なセッションです。


第6回: CREDO(クレド)

顧客からの評価は従業員の対応で決まるといっても過言ではありません。しかし顧客対応を精緻にマニュアル化しても、さまざまな綻びが生じます。

 

従業員の行動を規定するのではなく、自発的に判断するための行動指針である「CREDO(クレド)」を作成することで、全社員のベクトルを一つの方向に合わせます。

 

クチコミで集客する最も重要な要素は、従業員の行動なのです。



クチコミアルファを受講する


いまなら「経営理念」を無料で受講できます!(期間限定:2018年9月末まで)
概要 クチコミ客を増やす個別ワークショップ形式のコンサルティングサービス
対象者 クチコミで集客力を改善したい企業
メリット

1. 集客力が向上する

2. 価格競争に陥らなくなる

3. 従業員が自分で判断・行動するようになる

価格 別途お見積り
プロセス

1. お問い合わせ

2. ご要望のヒアリング

3. 「経営理念」の実施(無料※)

4. 提案書とお見積書の提示

5. ご発注

6. 個別ワークショップの実施

7. お支払い

 ※交通費のみご負担いただきます。

備考

大手企業が実践するクチコミ活用の手法を、スモールビジネス向けに再構成しました。無料オンラインセミナーで、事前に内容をご確認いただけます。

クチコミアルファは、6つのステップを踏むことで、クチコミを増やし集客力を改善するコンサルティングサービスです。

 

開催の形式は、コンサルタントが一方的に説明を行うスクール形式ではありません。ディスカッションを中心としたワークショップ形式で実施します。

 

経営者を含めたタスクフォースを立ち上げ、組織としての底上げを図ります。

 

2018年9月末までの期間限定で「第1回:経営理念」を無料で受講できます。実際の個別ワークショップを体験した上で、クチコミアルファの導入をご検討ください。

 



よくあるご質問(FAQ)


Q

この「クチコミアルファ」はオリジナルの手法ですか。

A いいえ。この「クチコミアルファ」で使用している個別の手法は、海外の大手消費財メーカーや大規模小売チェーン店などのグローバル企業で実践されているものです。弊社ではそれらの手法を「クチコミで集客力を改善する」という観点で再構成してご提供しています。
Q 具体的にはどのような手法を使用するのでしょうか。
A

顧客の購買行動に関わるビッグデータ(※)に対して、「購買行動分析」「顧客嗜好分析」「顧客接点分析」などの統計的な解析を行った結果、クチコミで集客を図ることに有効であろうと推察されるマーケティング手法を使用しています。

※ 購買履歴、ポイント履歴、来店履歴、位置情報、デモグラフィック情報、コールセンター情報、Webアクセス履歴、ソーシャルメディアの投稿、スマホアプリの利用履歴、営業販売担当者の行動履歴など

Q 対象となるのはどの部門でしょうか。
A 組織横断的にプロジェクトを進めますので、経営者の方に加えて、企画、販売、製造、サービスなどの方が対象です。
Q 「クチコミアルファ」を実施するには、どの程度の期間が必要ですか。
A

標準的なワークショッププログラムは「1回3時間、週1回、全12回(3ヶ月間)」です。

Q 「クチコミアルファ」の簡易版はありますか。
A

一泊二日の合宿形式で実施する簡易版をご用意しております。詳細につきましては、個別にご相談ください。

Q  お支払いのタイミングを教えてください。
A 1ヶ月単位で受講いただいた回数分をお支払いいただきます。
Q コンサルタントのプロフィールを教えてください。
A

宮﨑 祥一/ブランドプロデューサー

SAS Institute、Avanade、Teradataなどの外資系企業で、アナリティクスに関するビジネス開発に携わる。日本国内の大手消費財メーカーや大規模小売チェーン店に対して、海外のグローバル企業で実践されている「購買行動分析」「顧客嗜好分析」「顧客接点分析」などの導入をコンサルティング。日本マーケティング学会所属。