ARで販売促進

悩む女性|販促のお悩みありませんか? ・キャンペーンにインパクトがない ・顧客からの反応が薄い  ・営業・販売からも企画に不満の声 ・役員からの強いプレッシャー ・時間も予算も限られている
矢印(下向き)
腕を組む外国人男性|あなたはARを企画を組み合わせるだけ! ・抜群のインパクト ・ 強く印象に残る ・友達に教えたくなる 「実物を見てみよう!」
矢印(下向き)
矢印(下向き)

あなたのアイデアとARを組み合わせる

抜群のインパクトであなたの企画をサポート!

「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない。」とはジェームス・ウェブ・ヤングの言葉です。しかし、手当たり次第に組み合わせても、なかなか良いアイデアは生まれません。

 

そこでご提案したいのがARとの組み合わせです。ARとはAugmented Reality(拡張現実)の略称で、現実世界の映像にCGを合成するテクノロジーのことです。

 

このARを使って、ダイレクトメールやカタログなどの紙媒体にメッセージを埋め込めば、顧客に抜群のインパクトを与えることができます。

 

また、何度もARを見てしまうため、メッセージが強く印象に残ることになります。その結果、自分の友達にも教えたくなりますので、メッセージの伝わる範囲が広がります。

 

この抜群のインパクトを持つARと、あなたが既に持っている企画とを組み合わせて、新しい企画を作ってみませんか?

ダイレクトメール、カタログ、チラシ、ポイントカード、ラベル、名刺、招待状

ARは本当にインパクトがあるのか?

ARのインパクトを広告で検証

 販促でARを使用する場合、最も期待される効果はインパクトです。このインパクトによって、想起率(ブランドを思い出せる割合)を高めることが出来るのです。

 

このARのインパクトはどの程度のものなのか、簡単な実証実験をしてみました。ARの動画をFacebookに広告として掲載して、その結果を計測しました。なお動画の長さは、一般的なテレビCMと同じ15秒、広告の目的は投稿へのエンゲージメントです。

 

結果はインプレッション(広告の表示回数)が「1,269回」に対して、動画の10秒再生数は「1,044回(82.3%)」、ThruPlay(最後まで動画を見た回数)は「1,021回(80.5%)」です。

 

「8割の人が15秒の動画を最後まで見る」という結果でした。単純に比較はできませんが、インターネットの動画広告は「7割の人が3秒以内に離脱する」と言われています。 

 

ARを使った動画広告の結果(表)|インプレッション(1,269)、動画の3秒再生数(1,121)、動画の10秒再生数(1,044)、ThruPlay(1,021)、動画の平均再生時間(00:12)、動画の再生時間(85.50%)
動画のパフォーマンス(グラフ)|AR動画(15秒)、動画再生数(1,255)、投稿へのエンゲージメント(1,125)、投稿へのエンゲージメント単価(¥1)、動画の平均再生時間(00:12)

※クリックすると拡大します。


参考資料

ARと販促に関するブログ記事をピックアップ


スマホでARを使う女性|ARで販促!企画・開発・制作のポイント

【ARで販促】企画・制作・開発のポイント

ARとは現実世界の映像にCGを合成して表示するテクノロジーのことで、拡張現実と呼ばれています。このテクノロジーを、販促の分野で取り入れる企業が増えてきています。今回はこのARを販促に活用する際に、知っておくべきポイントをまとめました。



女性の横顔|価格競争に陥らない企業の共通点とは!?

価格競争に陥らない企業の共通点とは!?

収益性の高い企業は、まず始めに信念を伝えて、それに共感する人に商品を売ります。これは売上の大部分が、一部の熱狂的なファンから得ているためであり、ファンマーケティングと呼ばれています。今回は熱狂的なファンを獲得するために効果的なメッセージとは何か、販促やブランディングの観点から考えてみたいと思います。



コンサルティング・サービス

お問い合わせからコンサルティング・サービスの提供まで

ホログラムに手をかざす

1. お問い合わせ

  • お問い合わフォームに必要事項をご記入の上、ご送信ください。ご送信いただいた後は、私どもから受領メールが届きます。

2. ご提案

  • 私どもからご連絡を差し上げますので、ARを販売促進に活用する上において、ご不明な点などがございましたら、ご遠慮無くご質問ください。
  • 貴社のご要望を伺った上で、最適なコンサルティングのスコープをご提案いたします。

3. コンサルティング・サービス

  • 実施するキャンペーンに対して、ARをどのように活用するべきなのか、どのようなインフラを使用するべきなのかなどのプランニングをご支援いたします。
  • ARにどの程度の機能を盛り込みたいのかによって、使用するインフラと実装方法が変わってきます。適切なインフラと実装方法を見極め、ベストな開発業者の選定についてご支援いたします。 

お問い合わせ

制作の実施フロー|お問い合わせからご利用開始まで

自分でARの活用方法を調べるよりも、私どもにご連絡いただく方が、手間も時間もかからず効果的です。下記のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

メモ: * は入力必須項目です