地域ブランド

限界集落、シャッター商店街、高齢化の問題と同じ文脈で語られることが多いのですが、高齢化が起因して発生している訳ではありません。それぞれの原因を探ります。

「小商い」があなたの働き方を変える
商店街の活性化などで、ブランディングが取り上げられる際に、「小商い」と言う言葉が多く登場して来るようになりました。 平川克美さんが著書の『小商いのすすめ -...

増え続ける限界集落
今後の日本では、過去にどこの国も経験したことがないスピードで、高齢化が進みます。これは大量の移民でも受け入れなければ、確実に起こる事であり、避けて通ることは出来ません。...

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」
本屋をブラブラしていますと、ちょっと目を引くタイトルの書籍を見つけました。田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」 腐る経済・・・ん? ビジネスにおける腐敗を、偶然パン屋さんが見つけたのかなぁ・・・などと思いながら手にしたのですが、全然違いました。...

シャッター商店街が再生しないワケ
チョット地方に行くと、チラホラ見られるシャッター商店街。 2000年(平成12年)に大店法が改正され、大手スーパーマーケットや複合商業施設の出店により、地元の商店街は廃れていった・・・とか言う記事を読んだことがある人も多いと思います。 今回はシャッター商店街が増えている原因を探っていきましょう。

田舎暮らしが癒されないワケ
定年退職後に田舎へ移住して、第2の人生をゆったりと楽しむ。最近、テレビ番組などでも良く見かけますよね。ただ楽しいのは最初だけで、だんだんと疲れて、都会へ戻って来る方も多いようです。今回はいくつかのケースを参考に、本当に楽しい生活とは一体何なのかを考えてみましょう。...

限界集落・・・最近良く耳にすると思います。過疎化などで65歳以上の高齢者が人口の50%を超える集落を、限界集落と呼びます。これから少子高齢化がさらに進むことは、間違いありませんので、限界集落が急増する可能性があります。...

街の電気屋さんは生き残れるのか!?
食器洗い乾燥機って便利ですよね。まぁ、私が皿洗いをしている訳ではありませんので、家内の受け売りなのですが、時間の節約になることはもちろんですが、 除菌や節水など、一度使うと止められないのがよく解ります。 我が家では近々引越しを予定しており、転居先のマンションには残念ながら食器洗い乾燥機がつい...

安くてウマイ鮮魚が売れない理由とは
最近ネットで鮮魚の通販を良く見かける様になりました。水揚げされたばかりの魚を、産地から直送すると言うサービスなのですが、残念ながら、いくつかの疑 問点が解消されないために、多くの消費者が単発的な購入に留まり、定期的に購入するリピーターになり得ていません。この原因はどこにあるのでしょう か・・・この商品の売り文句を、改めて検証してみましょう。

高い京野菜をネット通販で売るには!?
月に1度のペースぐらいで京都へ出張しているのですが、ちょっと気の利いたお店で食事をすると、必ず出てくるのが「京野菜」を使った料理です。 今回はインターネットを使ったブランディングを考えてみましょう。

さらに表示する