フリーミアム - ネタバレを恐れるな


今日の論点

芸人の西野亮廣さんは、クラウドファンディングで1億円を調達し、「えんとつ町のプペル」という絵本を出版されました。

 

しかも、その絵本はインターネットで無料公開されています。無料で公開すれば誰も絵本を買わなくなると思ってしまうところですが、なんと30万部オーバーの大ヒットです。

 

今回はこの「無料」を取り上げたいと思います。

 


Free

フリーミアムとは何か !?

「えんとつ町のプペル」の戦略

「えんとつ町のプペル」を売るために、西野亮廣さんはさまざまな施策を取っています。たとえば、

  • ひとりで作るものであった絵本を、映画と同じように完全な分業制で制作する。
  • 絵本を作る当事者であれば必ずその作品を欲しいはずだと考え、クラウドファンディングで当事者を増やす。
  • お土産には高くても買う。原画を無料で貸し出し、出口で絵本を販売する。

詳しくは「魔法のコンパス - 道なき道の歩き方」と「革命のファンファーレ - 現代のお金と広告」の2冊に書かれていますので、こちらに譲るとして、ここでは「無料」について触れたいと思います。

 

この「えんとつ町のプペル」はインターネットで無料公開されています。無料で読めるのであれば誰も買わないのではと思うところですが、ガンガン売れて軽く30万部オーバーです。

 

電子書籍は読み聞かせには向かない、絵本の内容を全てインターネット上で確認してもらったあとに、書籍としての絵本を購入してもらうと考えて無料公開をされたそうです。秀逸なのは、絵本を「書籍」から「読み聞かせをするためのツール」と再定義したことだと思います。

 


無料でも収益を上げるフリーミアム戦略

無料でコンテンツを公開して、別のところから収益を上げるという手法は以前からありました。一番身近な例はテレビ番組でしょう。映画を観るには入場料を払う必要がありますが、テレビ番組は無料です。もちろんテレビ局や番組の制作者がタダで働いているのではなく、CMのスポンサーがその費用を支払っています。

 

このような手法は「フリーミアム」と呼ばれており、IT業界ではポピュラーな手法です。プログラムは1つ作るのも1000作るのもコストは同じです。コピーすれば良いだけですので、相性が良いのです。皆さんも、Google、Facebook、Twitterなどをご利用になっていると思いますが、誰もお金を払っていないでしょう。

 


フリーミアム戦略の収益構造

このフリーミアム戦略には、大きく分けて3種類の収益構造があります。

  

【広告収入】

代表格は先ほどもお伝えしましたテレビ番組です。スポンサー企業がCMを流すことで、テレビ局は制作会社はその対価を得るという収益構造です。

 

【販売促進ツール】

こちらの代表格は通販化粧品です。無料で商品を提供して気に入れば有料になる、気に入らなければそれでオシマイ。30日間だけソフトウェアを無料で使用できるといったサービスも、このカテゴリーに属します。

 

【プレミアム】

AdobeのAcrobatなどが代表格です。無料のライトバージョンと、有料のプレミアムバージョンの2種類が提供されています。無料版はドキュメントを読むだけ、有料版はドキュメントを作成できるといったものです。


ネタバレしているものにしか反応しない

西野亮廣さんは前述の「魔法のコンパス」に下記のように書いています。

 

”人が時間やお金を割いて、その場に足を運ぶ動機は、いつだって「確認作業」で、つまりネタバレしているモノにしか反応していない。”

 

まさしく、その通り!

 

私の書棚には三国志関連の書籍が、軽く見積もっても100冊以上はありますが、歴史家が毎年新たな発見をしている訳ではありません。全て同じ事件を取り上げている、完全にネタバレしている内容です。でもそれを買ってしまいます。

 

あなたもご自分のビジネスに「フリーミアム」を取り入れてみませんか?