安くてウマイ鮮魚が売れない理由とは


今日の論点

最近ネットで鮮魚の通販を良く見かける様になりました。

 

水揚げされたばかりの魚を、産地から直送すると言うサービスなのですが、残念ながら、いくつかの疑 問点が解消されないために、多くの消費者が単発的な購入に留まり、定期的に購入するリピーターになり得ていません。

 

この原因はどこにあるのでしょう か・・・この商品の売り文句を、改めて検証してみましょう。

 


安くてウマイ鮮魚が売れない理由とは

通販で鮮魚を売る

消費者は激安に興味がない

「水揚げしたばかりの旬の魚を、激安でお届けします」と言うキャッチフレーズをよく聞きますよね。これは「今日、底引き網で引っかかったキズモノの魚を、 適当に見繕って安く売りさばいています」と聞こえませんか?

 

水揚げしたばかりの鮮魚であったとしても、底引き網に引っかかっているですから、魚は疲労し て傷もついており、市場に出したとしても、あまり商品価値がないのではないかと予想されます。

 

また、逆に本当に商品価値があるのであれば、激安で販売しな くとも、通常の販路を通じて、通常の価格で販売すれば良いでしょう。魚を売りたいので、鮮度と価格にポイントを置いて訴求しているのですが、これが逆に消 費者に不安感を抱かせる結果となっています。

 

では、どうすれば良いのでしょうか・・・チョット考えてみましょう。


商品ではなく体験を売る

魚と言う商品は、日本全国どこでも手に入れることができるコモディティー商品ですので、鮮度や価格にポイントを置いて消費者に訴求してしまうと、同業他社と血で血を洗う泥沼の戦いが待っています。

 

こう言った場合には、魚を売るという視点から、少し離れてみましょう。

 

あなたが新鮮な魚を食べるときは、具体的にはどんな時ですか? 

 

家族で日本海に旅行に行き、温泉に入った後に出される料理に舌鼓を打つ。地酒で流す魚料理は絶品!・・・と言ったシチューエーションはあり得ますよね。この体験をあなたの自宅でも味わえる方法を考えます。

 

それには鮮魚だけではなく、合わせて食べる野菜、温泉気分を味わえる入浴剤、魚を美味しく食べるための地酒、食後にスッキリする季節のくだもの、これらをパッケージングして販売すれば、自宅でも旅行気分を味わえるのではないでしょうか。

ブランディングで最も大切なことは、商品を売るのではなく、体験を売ることです。漁業協同組合だけの単発的なブランディングではなく、地元の自治体を巻き込んで、トータルで地域産業を盛り上げて行くことが大切なのだと思います。