価値の総和を最大化しろ!


今日の論点

量販店でビールを買って自宅で飲むと、1本当たり200円程度のコストがかかります。これを居酒屋で飲むと1本当たり550円ぐらい、銀座のクラブで飲むと3,000円ぐらいでしょうか。

 

自宅で飲む場合と比較して、居酒屋の場合は350円の価格差で「2.75倍」、銀座のクラブの場合は2,800円の差額で「15倍」になっています。

 

全く同じものでも出される状況によって価格は変動しますが、この価格差の正体は何か考えてみましょう。

 


価値の総和を最大化しろ!

Money : photo by Tax Credits

価格と価値の関係

上乗せされている価値

居酒屋の場合であれば、商品に下記の付加価値が上乗せされています。差し詰め利便性に対して対価を払っていると言えるでしょう。

  • 外出先で飲める(自宅から持っていく必要がない)
  • 冷えている(クーラーボックスも不要)
  • 酒の肴を頼める(ポテトチップスからの解放)
  • 大勢で飲める場所(後片付けも不要)

一方、銀座のクラブの場合は、これに加えて次の付加価値が乗せられています。女性からの接客に対して対価を払っています。

  • 美人の女性がグラスに注いでくれる
  • つまらない話も進んで聞いてくれる
  • リッチな気分になる

価値の総和を最大化する

この「何に対して価値を感じているのか」と言うことは、ビジネスを行っていく上で、非常に大切なことです。

 

居酒屋の場合であれば、さらに付加出来る価値として、元気な接客、お客様との面白トーク、チョットした無料のお試し商品、綺麗なトイレなどが考えられます。

 

ただ漫然と商品を提供するのではなく、「価値の総和を最大化」する事を常に考えて下さい。少しずつの価値が、あなたの会社のブランディングにつながります。

 

えっ、銀座のクラブの場合ですか?みなさんの方がお詳しいと思いますので、割愛させて頂きました。