本当の価値を伝える


今日の論点

良い商品やサービスを提供しても差別化が出来ず、価格競争に陥るケースが少なくありません。

 

このブログでは、身の回りの出来事を題材にして、ブランド化を推進するプロセスを、一緒に考えていきましょう。

 


本当の価値を伝える

アルファブランディング設立


手間をかけても高く売れない

スーパーマーケットの店頭に並んでいるリンゴ、一個が128円。 置いてあるのは3種類。原産地は全て異なっているが、価格は全て128円。全て同じ価格なのは、一体なぜなのでしょうか? 

 

手間をかけて作ったリンゴも、農薬漬けで 作ったリンゴも、現在の流通システムでは同じ価格で販売されます。手間をかけて作ったリンゴは、確かに美味しいのですが、店頭で試食でもしない限り、それを 伝える事は出来ません。伝えることが出来ない以上、同じ価格で売るしかないのです。

 

では、なぜ試食をさせないのか? 大手企業であれば店舗に人を派遣して実施する事も出来るでしょう。実際、ソーセージを焼いて、試食させていたりします。しかし、リンゴ農家にはそんな余裕は ありません。手間をかけてリンゴを育てても、それを消費者に伝えることが出来ないのです。


本当の価値を伝える

ただ、こう言う状況に一矢報いたいと思う人たちもいます。

 

みなさんは直売店に商品を置いている農家には、2つのタイプがあるのをご存知でしょうか。ひとつは消費者に直販することで中間マージンを減らし、商品を安く提供する農家。みなさんがご存知のタイプはこちらだと思います。

 

一方、最近少しずつ増えてきているのは、自分の作った商品を試食してもらい、育てる工程などを説明することで「高く売る」タイプの農家です。商品に自信があるからこそ、手間暇かけて作った商品だからこそ、消費者にその価値を理解していただき、高く購入してもらうことが出来るのです。

 

私たちアルファブランディングは、商品やサービスの価値を最大限に引き出すことで、あなたのブランド作りをお手伝いします。