地域ブランド

女子高生とのコラボで地域活性化 クチコミ客を増やすブランド戦略 アルファブランディング
最近、企業が女子高生とのコラボレーションして、新たなブランドを立ち上げるケースが増えてきています。企業の場合、どうしても「売る側の目線」でモノを見てしまいがちですが、女子高生は「買う側の目線」でしかモノを見ないため、企業側からすると新たな気づきを多く得られるのです。今回は女子高生とのコラボレーションで、新たな視点を獲得したいと思います。

高齢化問題と似ているけれど クチコミ客を増やすブランド戦略 アルファブランディング
限界集落とシャッター商店街。高齢化の問題と同じ文脈で語られることが多いのですが、高齢化が起因して発生している訳ではありません。それぞれの原因を探ります。

「小商い」があなたの働き方を変える クチコミ客を増やすブランド戦略 アルファブランディング
商店街の活性化などで、ブランディングが取り上げられる際に、「小商い」と言う言葉が多く登場して来るようになりました。平川克美さんが著書の『小商いのすすめ - 「経済成長」から「縮小均衡」の時代へ』では、ヒューマン・スケールと言う言葉を使って説明されています。簡単に言いますと、お金を稼ぐことを第一の目標とせず、自分の手の届く範囲で、ビジネスを継続させていく考え方のことです。今回は「小商い」をキーワードに、これからの「働き方」を一緒に考えてみましょう。

増え続ける限界集落 クチコミ客を増やすブランド戦略 アルファブランディング
今後の日本では、過去にどこの国も経験したことがないスピードで、高齢化が進みます。これは大量の移民でも受け入れなければ、確実に起こる事であり、避けて通ることは出来ません。このような厳しい社会状況であっても、しぶとく生き残るために、過去に2つの記事を書いています。一つ目が定年後の働き方を取り上げた「労働力ではなく生産手段を持て!」です。また二つ目が、限界集落を復活する手立てを取り上げた「限界集落が復活する方法」です。今回、もう一度、この高齢化問題について取り上げたいと思います。

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」 クチコミ客を増やすブランド戦略 アルファブランディング
本屋をブラブラしていますと、ちょっと目を引くタイトルの書籍を見つけました。田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」 腐る経済・・・ん? ビジネスにおける腐敗を、偶然パン屋さんが見つけたのかなぁ・・・などと思いながら手にしたのですが、全然違いました。 岡山駅から電車で2時間かかる勝山の田舎町で、パン屋タルマーリーさんの奮闘記だったのですが、これがかなり面白い。早速購入して、一気に読んでしまいました。小さなお店を営むための成功事例としても、とても参考になると思いましたので、今回はこのパン屋さんを通じて、一緒にブランディングを考えて行きましょう。

シャッター商店街が再生しないワケ クチコミ客を増やすブランド戦略 アルファブランディング
チョット地方に行くと、チラホラ見られるシャッター商店街。 2000年(平成12年)に大店法が改正され、大手スーパーマーケットや複合商業施設の出店により、地元の商店街は廃れていった・・・とか言う記事を読んだことがある人も多いと思います。今回はシャッター商店街が増えている原因を探っていきましょう。

田舎暮らしが癒されないワケ クチコミ客を増やすブランド戦略 アルファブランディング
定年退職後に田舎へ移住して、第2の人生をゆったりと楽しむ。最近、テレビ番組などでも良く見かけますよね。ただ楽しいのは最初だけで、だんだんと疲れて、都会へ戻って来る方も多いようです。今回はいくつかのケースを参考に、本当に楽しい生活とは一体何なのかを考えてみましょう。田舎暮らしと言っても、色々なケースがあります。定年退職後に田舎に移り住む老夫婦であったり、都会で結婚してUターンして来た若いカップルであったり。置かれている状況が変わると、同じ田舎暮らしであっても感じ方が異なります。それでは具体的なケースを見て行きましょう。

限界集落が復活する方法 クチコミ客を増やすブランド戦略 アルファブランディング
限界集落・・・最近良く耳にすると思います。過疎化などで65歳以上の高齢者が人口の50%を超える集落を、限界集落と呼びます。これから少子高齢化がさらに進むことは、間違いありませんので、限界集落が急増する可能性があります。消滅する集落はそのまま放っておけば良いと言う意見もありますが、日本的な里山の風景が無くなってしまうのは、ひとりの日本人として寂しさを感じざるを得ません。今回はこの限界集落について考えてみたいと思います。

街の電気屋さんは生き残れるのか!? クチコミ客を増やすブランド戦略 アルファブランディング
食器洗い乾燥機って便利ですよね。まぁ、私が皿洗いをしている訳ではありませんので、家内の受け売りなのですが、時間の節約になることはもちろんですが、 除菌や節水など、一度使うと止められないのがよく解ります。我が家では近々引越しを予定しており、転居先のマンションには残念ながら食器洗い乾燥機がつい ていませんので、家電量販店に購入に行きました。家電量販店を数件回って価格を調べて、さらにはインターネットで販売されている価格を調べたのですが、近 所の電気屋さんに立ち寄ることはありませんでした。なぜ立ち寄らなかったかと言うと、近所の電気屋さんではカタログ程度しか置いていない上に、価格も高い だろうと予想したためです。前置きが長くなりましたが、今回は街の電気屋さんのブランディングを考えてみます。

安くてウマイ鮮魚が売れない理由とは クチコミ客を増やすブランド戦略 アルファブランディング
最近ネットで鮮魚の通販を良く見かける様になりました。水揚げされたばかりの魚を、産地から直送すると言うサービスなのですが、残念ながら、いくつかの疑 問点が解消されないために、多くの消費者が単発的な購入に留まり、定期的に購入するリピーターになり得ていません。この原因はどこにあるのでしょう か・・・この商品の売り文句を、改めて検証してみましょう。

さらに表示する